市川市高齢者支援マッチングシステムプライバシーポリシー

第1条(利用者情報の定義)

市川市高齢者支援マッチングシステムプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」という。)

において、利用者情報とは、ユーザーに関する個人情報(個人情報保護法第2条第1項により定義された「個人情報」をいい、以下同様という。)、ユーザーの入力情報、通信サービス上の行動履歴その他ユーザーの情報端末において生成又は蓄積された情報であって、本ポリシーに基づき当市が収集するものを意味します。

第2条(本システムで収集する利用者情報)

1 当市が提供する市川市高齢者支援マッチングシステム(以下「本システム」という。)

及びウェブサイト、関連ソフトウェアをインストールすることなどによりユーザーが利用することができるサービスにおいて、当市は、ユーザーから、次の情報の全部又は一部を提供していただきます。

⑴氏名

⑵メールアドレス

⑶生年月日

⑷性別

⑸住所

⑹電話番号

⑺画像データ

⑻その他当市が定める登録フォームにてユーザーが入力する情報

2 本システムの提供に際して、当市は、ユーザーのアクセス状況や本システムの利用状況に関する情報を収集します。この情報には、以下の情報の全部又は一部が含まれます。

⑴端末情報(「IMEI」、「MEID」、「ESN」その他の端末識別番号等)

⑵IDFA、AdvertisingID及びCookie(クッキー)

⑶位置情報

⑷通信機器に付属するセンサー情報

⑸本システムの利用に伴い投稿その他の方法によりユーザーが発信する情報

⑹本システムの利用履歴

⑺アンケート調査・モニター調査等に関する情報

⑻その他申込み受付履歴、意見・要望・問い合わせ等の内容等、本システムの提供に付随して当市が取得した情報

第3条(利用者情報の利用目的)

当市は、本システムの利用を通じて取得したユーザーの利用者情報を、ユーザーご本人の同意なく利用目的の範囲を超えて利用することはありません。当市が取得した利用者情報は、以下の目的の範囲内で適正に取り扱います。

⑴本システムの提供(ユーザーが同意した場合、実施団体への活動者情報一覧の提供を含みます。)上必要なシステム運用のため

⑵ユーザーに合わせた本システム上の情報のカスタマイズのため

⑶本システムに関するご案内のため

⑷本システムの停止・中止・契約解除の通知のため

⑸本システムの利用規約に違反する行為への対応のため

⑹本システムに関する当市の規約、本ポリシー等の変更などの通知のため

⑺紛争、訴訟などへの対応のため

⑻本システムに関するご案内、お問い合わせ等への対応のため

⑼市場調査、分析、マーケティング及び調査研究のため

⑽個人を識別できない形式に加工した統計データを作成するため

⑾全各号に付随する本システムの提供・維持・改善のため

第4条(利用者情報の利用目的の変更)

当市は、前条の利用目的を、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲内において変更することがあり、変更した場合には、当市が別途定める方法により、ユーザーに通知又は公表します。

第5条(利用者情報の取得)

1 当市は、偽りその他不正の手段によらず、適正に利用者情報を取得します。

2 当市は、ユーザーが本システムを利用することによる取得以外の方法で利用者情報を取得する場合には、その利用目的を事前に通知又は公表します。

第6条(安全管理)

1 当市は、利用者情報の漏洩、滅失又は毀損の防止その他の利用者情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

2 当市は、利用者情報の取扱いの全部又は一部を第三者に委託する場合は、当該第三者との間で本ポリシーに準じる内容の秘密保持契約等をあらかじめ締結するとともに、当該第三者において利用者情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。

第7条(メールアドレスの取扱い)

1 当市は、本システムの利用を通じて取得したユーザーのメールアドレスについて、紛失、盗難、破壊、改ざん、漏洩、外部からの不正なアクセスを未然に防ぐために、個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守し、その保護に万全を尽くします。

2 当市では、ユーザーのメールアドレスの保護の為、市職員、及び本システムの全部又は一部を委託した者以外は、ユーザーのメールアドレスにアクセスできない措置をとっています。

3 当市は、「重要なお知らせ」など、当市からユーザーへの連絡が必要な通知に関しては、全てのユーザーにお送りしています。

第8条(Cookieの技術の利用)

1 当市は、本システムの提供に際し、「Cookie(クッキー)」と呼ばれる技術及びこれに類する技術を使用します。

2 Cookieとは、ウェブサーバがユーザーのコンピュータを識別する業界標準の技術です。Cookieは、ユーザーのコンピュータを識別することはできますが、ユーザー個人を識別することはできません。なお、ブラウザによっては、その設定を変更してCookieの機能を無効にすることはできますが、その結果ウェブページ上のサービスの全部又は一部が利用できなくなることがあります。

第9条(利用者情報の開示・共有)

当市は、利用者情報のうち、個人情報については、個人情報保護法その他の法令に基づき開示が認められる場合を除くほか、ユーザーの承諾がない限り、第三者に開示又は共有することはありません。ただし、以下の場合は例外とします。

(1)当市が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部又は一部を第三者に委託する場合

(2)前2条の定めに従って、情報収集モジュール提供者又は外部サービス提供者へ個人情報が提供される場合

(3)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合

(4)法令に基づき、裁判所、警察等の公的機関に開示を求められた場合

第10条(利用者情報の開示・訂正等)

1 ユーザーから提供された個人情報について、ユーザーが書面による開示、訂正、追加、削除を要望する場合は、本人確認(代理人による申請の場合、適正な代理人であることの確認)のために必要な書類を同封のうえ、郵送によりご請求ください。

2 当市は、ユーザーから前項の方式による個人情報の開示等の申出があり、本人確認ができた場合、合理的な範囲で開示等をいたします。ただし、個人情報保護法その他の法令により、当市が開示等の義務を負わない場合はこの限りではありません。

3 当市は、ユーザーから、ユーザーの個人情報があらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、又は偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその利用停止又は消去(以下「利用停止等」といいます。)を求められた場合において、その請求に理由があることが判明したとき、及び第3条第2項に基づく第三者提供の停止を求められたときは、本人からの請求であることを確認の上で、遅滞なく個人情報の利用停止等を行い、その旨を本人に通知します。ただし、個人情報保護法その他の法令により、当市が利用停止等の義務を負わない場合はこの限りではありません。

第11条(免責)

次に掲げる場合には、当市は一切の責任を負いません。

(1)ユーザーご本人が本システムの機能又は別の手段を用いて第三者に利用者情報を明らかにした場合

(2)ユーザーが自ら本システム上に入力した情報等により、個人を識別しうる状態に至った場合

第12条(本ポリシーの変更)

当市は、利用者情報の取扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本ポリシーをユーザーの事前の了承を得ることなく変更することがあります。変更後の本ポリシーについては、当市が別途定める場合を除いて、当市ウェブサイトでの公示後、すぐに効力が発生するものとします。但し、法令上ユーザーの同意が必要となるような内容の変更を行うときは、当市が定める方法でユーザーの同意を取得します。

第13条(その他の注意事項)

当市が提供するサービスは、当市が管理するサービス以外のサービスへのリンクを含む場合があり、これら外部サービスにおける内容や利用者情報の保護については、当市は一切責任を負いません。

附則(施行期日)

この規約は、令和2年3月16日から施行する。